営業はアウトソーシング!営業代行の仕組みの違い

営業はアウトソーシング!営業代行の仕組みの違い

営業はアウトソーシングが効果的

コスト削減が唱えられる世の中となり、効率的に事業を展開する方法が模索されるようになりました。企業をスリム化していくのは重要な考え方の一つであり、業務の一部をアウトソーシングする傾向が強まっています。何をアウトソーシングするかで迷ったら候補にあげると良いのが営業です。ノウハウを持っている業者にアウトソーシングした方が効果的な営業を行ってくれる可能性が高く、社内で人材を育て上げる必要もなくなるのがメリットでしょう。

営業代行の二つのパターン

営業代行を依頼するときには仕組みに二つのパターンがあるのを知っておくと役に立ちます。一つは定額制で行うパターンであり、代行を依頼する期間を定めて一定額の報酬を提供する契約を結ぶものです。もう一つは成果報酬で行うパターンであり、営業代行によって販売利益が上がるとそれに応じた報酬を支払うことになります。どちらのパターンで営業代行を依頼するかをよく考えるのが重要になりますが、どのような特徴があるのでしょうか。

二つのパターンのメリットとデメリット

定額制の営業代行は企業としてのコストを考えやすいのが最大のメリットです。しかし、営業成績が上がらなくても報酬を支払い続けなければならないというデメリットもあります。それに対して成果報酬の場合には成果がない場合にはほとんど出費がなくなるでしょう。成果を出さないと収入にならないという点で営業代行業務にも力が入ることがよくあります。しかし、成績が著しく高まったときには定額制に比べて高い報酬が必要になるのはデメリットです。

営業代行の長所は、営業マンを獲得するための採用に伴う出稿費用や、獲得後の研修費用など多くのコストを削減出来ることです。